色が完全に浮いちゃってるMCMのレザーシャツを着るイタメン

出会いを求める合コンに、
MCMの文字がたくさん入っているレザーシャツを着てくる40代の男性はイタイですね。

確かにMCMというブランドは40代にはぴったりではあるんです。

少し落ち着いた印象のデザインが多く、シンプルで素敵です。

でも、原宿に遊びに行くのならこのレザーシャツは合うでしょう。

ブランドの文字がまるで柄のようで楽しい感じがします。

でも、ベージュのレザーシャツはかなり主張しすぎるんです。

このシャツを着て落ち着いた雰囲気のレストランで合コンしたらかなり引きますね。

場違いかな?と思うほどに目立ちすぎて、他の参加している男性から嫌われてしまいますね。

女性の目から見てもやりすぎな感じがしてしまうんです。

格好よく黒のTシャツとコーデしているかもしれないけれど、
この目立つシャツ1つで遊び人にも見えてしまいます。

真剣さが感じられず、女性としてはこれから真剣にお付き合いをしてみようかなと思えないですね。

ハイセンス過ぎて逆にがっかりです。

もう遊び人と言っているようなシャネルの金のピアスをしてくるイタ男

シャネルのピアスは女性がやると素敵です。

キラキラして顔を美しく見せるんです。

CHANELピアス画像

でも、男性がやってしまうと派手すぎるんです。

それを40代の男性がやるとかなり目立ちますね。

顔が渋いから耳元が浮いて見えるんです。

しかもなにか個性的すぎて普通の女性は引きますね。

シャネルのピアスは大きいサイズですから、どうも主張しすぎます。

それで「ねえ、ねえ、メルアド教えてよ」なんて言われたら、
まるで遊ぶために聞かれてるって女性は思っちゃいますね。

ピアスってどうもどんなものでも「遊んでるな」って感じを女性に与えるんですよ。

また自分の個性に拘りすぎている感じもして、
ますます女性には不評なのです。

そこに黒の革ジャンやデニムジャケットなんて着て行ったら、
まあまじめな女性は相手にしないでしょう。

ピアスを方耳にしていたり、何個もやっている男性もいますが、
40代の男性では危険なイメージも与えます。

ましてや派手なシャネルのピアスはもうマイナスイメージしか与えないんです。

刺繍が奇抜すぎて驚くエド・ハーディのキャップを被るイタ男

エド・ハーディーキャップ画像

エド・ハーディのキャップを被って40代の男性が合コンに着たらがっかりですね。

かなり奇抜な刺繍が派手に施されているキャップなのですが、
これを40代の男性が被っていることが女性から見ると驚きなのです。

骸骨や薔薇などの刺繍はかなりワイルドさを印象づけてしまいますし、
キャップというところがラフすぎて合コンには合わないんです。

派手な刺繍がキャップを後ろと前を逆にしておちゃめに被ってくると、
ますます真剣さを与えませんね。

これに赤や黄色などのTシャツを着て、
ショートパンツなんて履いて行ったら、
ますます合コン自体をナメている印象を与えてしまうんです。

キャップだけではなく、ニットのキャップを被るのもナンセンスです。

ストリート感を主張しすぎてしまい、
遊びたいから女を捜している的な印象を与えるのです。

エド・ハーディのキャップは40代のダンディな魅力をなくしてしまうんです。

せっかく仕事ができる男性でも、
なんだか仕事もできないように見えるところが合コンではやってはいけないものなのです。