いやらしく見えてしまうYSLのロゴ入り赤Tを着る40代男

YSLというブランドはスーツもダンディで格好いいデザインが多くて素敵です。

40代男性がこのスーツを着て合コンに着たら女性はメロメロになるでしょう。

でも、やっちゃいけないのが赤のTシャツなんです。

ポップで明るい印象を与えることはできますが、
初めて出会うウブな女性心を踏みにじっちゃうような印象を与えてしまうんです。

YSLのTシャツは体にピタッとする感じでスタイリッシュです。

袖も腕にフィットするほどシャープです。

これにジーンズを履いて40代が合コンに行ったら、
かなりいやらしく見えてしまいますね。

20代なら綺麗に見えるんですが、
40代ではちょっと派手すぎてがっかりに思えてしまうんです。

何か個性過ぎるところがあり、
女性はついていけないなと思ってしまうんです。

ジーンズをコーデしてしまったら、
ますますカジュアル過ぎて真剣みが感じられません。

胸元の黒のYSLのマークがかなり目立ちすぎて、
なんだかこのブランドがファンだよって言ってみたいです。

主張するからちょっとと女性は引いてしまうでしょう。

そのこだわりアイテムこそが「イタいおっさん」感を増している。クロムハーツはとにかく外せ。

久しぶりにコンパのお誘い。

よし、ちょっと気合を入れて臨もう!

あわよくば可愛いカノジョをゲットだぜ!

せっかくだからオシャレしなくちゃ…

ちょっと待った!

そこのアナタ、はるか昔に買ったクロムハーツのアクセサリーを今手にしていませんか?

クロムハーツの無骨でハードなデザインは、
男のハートを鷲掴みしてきたのではないでしょうか。

かつて一生懸命アルバイトに励み、
やっとの思いで手にした思い出を持つメンズもいらっしゃるでしょう。

しかしロックでハードでギターキッズが持て囃された時代は今や過去のもの。

服装に不似合いに浮いているそのクロムハーツのピアス、ネックレス、ウォレットチェーン…

その思い出べったりノスタルジーと面倒くさいオトコのこだわり感に、
女子はサーっと引いてしまっている事にお気づきでしょうか。

さあ、そのクロムハーツは静かに思い出と共にクローゼットにしまってください。

コンパという戦場には清潔感溢れる上質シンプルな無地シャツの方が、
よっぽど頼りになる武器になる事をお忘れなく…。

くたびれたビジネスバッグで登場したオジサマ

私が本気でびっくりしたのは、会社帰りのコンパに登場したスーツの男性でした。

ぱっと見のスーツの感じは普通なんですが、持っていたバッグに閉口。

ボロボロとまではいかないけど、もう交換しろよ(笑)
と思わず言いたくなるような代物でした・・・・・・。

しかもレザー風なので、本物のレザーなら味が出るところを、
みすぼらしさ漂うオンボロ雑巾のようでドン引きしましたね。

まだ若いんだしナイロン製で有名な、
アメリカのトゥミのバッグとかに替えたら
かなり見違えるとは思いましたね。

05121911

まぁ、ご想像通りですが彼はモテずじまい・・

なんか性格がそういうとこに出ちゃってるんじゃないかなーって思いました。

せめてバッグくらいは名のあるブランドのを使ってほしいと思います。

無名ブランドでもいいけど、
素材がしっかりしていなきゃ、
使ってる内にだんだんとただの古びた雑巾に見えちゃいますよ!